2教科で考える中学入試

中学入試の対策を始める時期はいまや小2や小3となっています。もちろん小6から塾に入ることもできるのですが、基本的な訓練が小4くらいで一通り終えられることを考えれば、上位中学への入学には早い段階からの対策が強く求められます。しかし、中学入試をする理由は難関高受験だけではありません。地元の公立中学への通学が距離などの問題で難しかったり、風紀があまりよくなかったりといった理由で中学入試を検討するケースもあります。こうしたケースでは受験対策に十分な時間が取れていません。そんな中でも一定水準の学校への入学を希望するなら2教科での受験が視野に入ってきます。2教科受験となると勉強する科目を一般的には国語と算数に絞ることができます。また、国語は一定の幹事や語句の知識レベルや基本的な読解・記述能力があればそれほど大きな差はつきにくい科目です。そのため、実質的には最難関といわれる算数の学習に集中することができます。もちろん2教科受験をする際は競争相手も2教科に絞って勉強しては来るのですが、早期から塾で中学入試対策をしてきた受験生は理科を受けないことがもったいないと考え、2教科受験を避ける傾向があります。そのため、2教科受験を選択することによって、受験勉強をしてきた期間の長さによる差を小さくすることができます。小4くらいまではのんびりと過ごし、小5の途中や小6から中学入試を検討するのであれば、科目数を絞ることが有効な方法なのです。