中学入試の面接と志望動機について

中学入試では面接もあります。その際には必ず志望動機を聞かれるので、答える準備をしておくことが大切です。中学入試をする場合は、中には家から近いからこの学校を選んだ、という人もいるかもしれません。しかし、そのまま答えるのはあまりよくありません。もちろん、面接では本当のことを言わなければいけませんが、家が近いからこの学校を選んだといわれても面接官の印象には残らないものです。志望動機はきちんと学校のことを調べて、学校の特徴を話し、だからこの学校を選びました、というような流れにするのが一番です。その方が面接官には好印象です。学校のことをきちんと調べているので、本当にこの学校に入りたいのだなという印象を持ってもらえます。また、ありきたりなことを志望動機がいうのもおすすめしません。ありきたりなことを話すと、別にこの学校でなくてもよかったのでは、と思われてしまいます。この学校でなければいけない、と思わせる何かを話すことが大切なのです。学校のことを調べるのもいいですが、学校説明会に参加をすることも大切です。学校説明会に参加をして、学校の特色を理解すれば面接で堂々と話すことができます。面接で学校説明会に行ったということをアピールすることができますし、熱意も伝わるものです。とにかく、この学校に入りたい、という熱意を伝えることが大切です。熱意が伝われば、好印象を持ってもらえますし、合格する可能性もあがるものです。