カテゴリー別アーカイブ: 未分類

中学入試とその適性検査とは

中学入試の適性検査は筆記テストです。教科を超えた総合的な問題が出題されます。例えば、身近な環境問題を思考しながら計算を行ったりするのです。また、リサイクルの材料を利用した理科実験の問題が過去に出題された例があります。多くの学校では、作文が課せられています。考える力を問うような問題が多い傾向にあります。この検査が導入されたのは、学力をみるためではなくて、表現力や考える力を見るためです。受験競争の低年齢化に伴って考えられたものです。単なる知識の詰め込みを問うだけではなく、自分の力で解決をするという能力を伸ばすためのものなのです。日本の未来を担う若い世代には。このような能力が重要であると考えられているのです。中学入試の適性検査に合格する力を身につけるためには、日ごろからまわりの出来事に興味を持つことは大切なことです。少子高齢化や環境問題などの社会問題にも目を向けるのです。そして、自分なりの意見をまとめておきます。新聞やテレビのニュースに関心をもち、家族で話し合うことも効果的なのです。基本になることは、教科書に書かれています。まずは、教科書を理解するということが重要です。そこから、応用力を身につけていくのです。過去に出題された問題に触れる事も大切です。そして、作文の力を付けることが必要なことです。ほとんどの学校で採用されているためです。表現力をみるためには最適なものなのです。自分の考えを文章にする習慣を身につけておくことです。